貧乳でも胸を大きくする方法

貧乳でも胸を大きくする方法!【バストアップの部屋】

貧乳だったユイがAからEカップへバストアップした方法を解説しています。胸を大きくしたい方は参考にしてくださいね。

最も効果のあるバストアップ法を徹底検証中~(*´꒳`*)

↓↓貧乳だったユイがどうやって4カップもバストアップに成功したかを包み隠さず公開中↓↓ 



↓↓ねぇねぇ、買って後悔しないのコレ(´∀`;)??↓↓ 

垂れ乳の治し方@産後ママ必見の上向きバストの作り方

目安時間 約 2分

バストが小さい、という悩みと並んで、コンプレックスになってしまうのが垂れ乳ですね。

いくらバストが大きくても、垂れ乳だったりすると、到底魅力的なバストとは言えません。

それに、垂れ乳だと、見た目の印象も老けて見えてしまいますし、体に締まりがないようにも見えてしまいます。

男性から見ても、女性から見ても、魅力があるのは、ハリがあって上向きで形が整っているバストと言われています。

垂れ乳の原因は、胸周りの筋力の低下や授乳が終了すること、姿勢の悪さなどが挙げられます。

つまり、胸周りの筋肉を鍛えて、姿勢を正しくすれば、垂れ乳は改善することも可能なのです。

ですから、産後ママも諦めないで、垂れ乳を改善して、若々しい体を取り戻しましょう。

垂れ乳の治し方はいろいろありますが、まずは胸周りの筋肉を鍛えましょう。

と言っても、激しいトレーニングは必要ありません。

両手を肩幅より少し開いて、四つん這いになります。

そして、そのまま腕立て伏せをゆっくり行いましょう。

顔を床までつけなくてもいいので、デコルテ部分に負荷がかかっているかを意識して、10回から20回やってみてください。

これを毎日続けるだけでも、十分に垂れ乳には効果があります。

また、バストの上部や内側をボリュームアップするのも効果的です。

そのためには、バストアップマッサージで、脂肪を寄せたり、乳腺を刺激して発達させるのが一番です。

マッサージ方法は、バストアップ教材で紹介されているものが効果が高いので、垂れ乳を治してバストアップしたい、という方にはお勧めです。

仰向けになると胸がなくなるのが悩み、胸が小さいのは改善できる?

目安時間 約 2分

バストの悩みは人によってさまざまですが、その中の一つに、仰向けになると胸がなくなる、というのがあります。

この悩みを持っている女性は案外多く、恋愛にまで臆病になってしまうこともあるようですね。

普通の状態ならある程度のボリュームがあるのに、仰向けになる胸がなくなるのは、胸周りの筋肉が発達していないからです。

また、年齢によっては、皮膚のハリがなくなっているということも原因となるでしょう。

もちろん、胸が小さければ小さいほど、仰向けになったら胸はなくなってしまうので、胸が小さいことも原因となりますね。

仰向けになっても、ある程度バストのボリュームを維持するには、まず胸の筋肉を鍛えて、肌のハリを保つことが大事です。

胸が横に流れないようにするには、胸の脇の筋肉とデコルテの筋肉を鍛えるのが一番です。

腕立て伏せやダンベルなどを使って、この部分を意識しながらエクササイズをしましょう。

さらに、ローションやクリームで、肌にうるおいを補給することも大切です。

そして、胸が小さいのを改善するには、バストアップマッサージがお勧めです。

バストアップマッサージは、女性ホルモンの分泌を促進して、乳腺の発達を促してくれます。

また、血行を促進するので、バストにしっかり栄養を届けて、バストアップと同時に肌にハリを与えてくれます。

つまり、バストアップマッサージは、胸の小ささとハリの悩みを解決してくれるので、効果的なバストケア方法と言えるのです。

ですから、筋トレとバストアップマッサージを実践していけば、仰向けでも豊かで魅力的なバストを維持することが出来るようになるでしょう。

母乳マッサージとバストアップマッサージのやり方は違う?

目安時間 約 2分

母乳マッサージと言うのは、当たり前ですが、母乳がたくさん出るように乳腺を刺激するマッサージです。

一方、バストアップマッサージは、バストを大きくするために行うマッサージです。

こう見ると、母乳マッサージとバストアップマッサージのやり方には、違いがあるように思えるでしょう。

でも、実はどちらも同じ目的を持っているので、やり方に大きな違いはありません。

バストアップをするためには、乳腺を発達させなくてはいけません。

バストは、90%が脂肪で出来ていて、残りの10%は乳腺です。

乳腺は、脂肪の周りを取り囲んでいますが、乳腺が発達すると、そこにさらに脂肪がついていきます。

つまり、胸に集中して脂肪をつけるには、乳腺の発達が欠かせないのですね。

母乳は、乳腺を通って乳首から排出されていきます。

乳腺が少ないと母乳の出が悪くなるので、母乳を出すためにも乳腺を発達させなくてはいけません。

ですから、母乳マッサージとバストアップマッサージは、「乳腺を発達させる」という同じ目的で行うので、やり方が大きく違うことはないのです。

ただし、バストアップマッサージは、乳腺を刺激して女性ホルモンの分泌を促進させるだけではありません。

これだけでは、効率よくバストアップをすることが出来ないのです。

乳腺の刺激に加えて、背中やお腹、二の腕などの脂肪を胸に集めるというのも、バストアップマッサージの目的です。

また、皮膚にハリを持たせたり、形を整えるなど、バストをトータル的にケアするのがバストアップマッサージです。

ですから、要所要所でやり方が違うので、バストアップのためには、専用のマッサージ方法を実践する必要があるのですね。

授乳中の胸のお肉を残す方法はある?

目安時間 約 2分

授乳中と言うのは、母乳を作る組織である乳腺が、ふくよかで豊かなバストを形作っています。

そして、乳腺が発達することで、その乳腺を守る脂肪もたくさんつくので、ボリュームのあるバストになります。

だから、何もしなくても簡単に、2カップから3カップのバストアップが可能なのですね。

ただ、授乳が終わると、乳腺には授乳完了の信号が送られるので、潤沢だった女性ホルモンの分泌が急激に減少します。

それと同時に、乳腺もどんどん減少していくため、バストについていた脂肪も落ちていきます。

そのため、授乳後には極端に胸が小さくなったり、しぼんで下垂れしたりするのです。

この脂肪をそのまま残すことが出来れば、バストがしぼんだり垂れたりすることはありません。

だけど、もちろん何もしなければ、授乳が終わるとバストは小さくなっていきます。

ここで重要となるのが、ブラジャーの存在です。

授乳中は、締め付けが少なく、いつでも母乳をあげやすいブラジャーをつけているでしょう。

こういったブラジャーだと、重力で胸が引っ張られてしまいますし、脂肪も流れやすくなってしまいます。

でも、授乳が終わる頃になると、乳腺が少しずつ減っていくので、アンダーがワンサイズ小さく、カップは大きいものを着けるようにしましょう。

きつめのブラジャーを着けることで、脂肪を胸に留めておくことが出来ます。

また、こまめにマッサージをして、脂肪を寄せ集めるようにすれば、授乳中のお肉が定着して、そのまま残しておくことが出来るようになります。

実際のバストサイズよりも見た目が小さいのはどうすればいい?

目安時間 約 2分

服を身につけていると痩せて見える「着痩せ」というものがありますが、実はそれは体だけでなくバストにもあったりするんです。

実際はCカップあるのにブラや服をつけてみるとBやAに見えてしまうという方いますよね…。

着痩せは嬉しいですが、バストが小さく見えるのは嫌ですしなんとかしたいですよね。

バストが実際のサイズよりも小さく見えてしまうのは、ブラがあっていないのが大きな原因です。

バストのサイズはずっと同じであるわけでなく、人によっては大きくなったり小さくなったりしますので、ブラを買うときは必ずサイズを測るようにしましょう。

「店員にサイズを測ってもらってから買ったのに、合っていないってどういうこと?」と疑問に思われる方もいるかと思います。

バストの形は人によって異なりますので、同じサイズのバストでも一人にはぴったりなブラでももう一人には合っていないということもあります。

サイズが同じでも合っていないことがあるのなら、ブラはどうやって選べばいいのでしょうか。

まずブラを買うときは必ず試着して着け心地をみてみましょう。

ブラの試着は恥ずかしいと躊躇する方もいますが、相手はプロの方ですし多くの方の試着をしてきたのであまり気にせず試着をしましょう。

実際につけてぴったりならば問題はありませんが、ブラが浮いたような感じになるのならば、違うブラを選ぶ必要があります。

ワイヤーがあまりきつくないものや、ブラのバスト部分が小さめのものを選ぶと比較的合いやすいと思います。

1 2 3 63
このブログを書いてる人

ブログ管理人:ゆい


バストアップに関心を持つ女性が増えてきて、それと同時に様々なバストアップ方法が登場しています。そこで最短で胸を大きくするためにはどうしたら良いの?いろいろありすぎてどれが効果的なのかわかんない!と疑問の声も。ユイのブログでは、バストアップするために知っておかなければいけない知識やノウハウを伝授します。
ananに掲載されました

anan


ananの美乳特集ページ(10月24日発売)にてユイのブログが掲載されました。
最近の投稿
当ブログ推薦バストアップ教材


みんながヒラクアップを買う前に知りたい情報をまとめました。
カテゴリー