貧乳でも胸を大きくする方法

貧乳でも胸を大きくする方法!【バストアップの部屋】

貧乳だったユイがAからEカップへバストアップした方法を解説しています。胸を大きくしたい方は参考にしてくださいね。

最も効果のあるバストアップ法を徹底検証中~(*´꒳`*)

↓↓貧乳だったユイがどうやって4カップもバストアップに成功したかを包み隠さず公開中↓↓ 



↓↓ねぇねぇ、買って後悔しないのコレ(´∀`;)??↓↓ 

グラマー女性No.1のブラジル!胸が大きくてセクシーな理由とは?

目安時間 約 2分

ブラジルと言えば、ぎりぎりまでボディを露出した、ほぼ裸同然の衣装で踊るリオのカーニバルが有名ですね。
きゅっと締まったヒップ、くびれたウエスト、そして、張りがあってつんと上を向いたバスト。
とにかく、ブラジルの女性は、グラマラスなダイナマイトボディーと言うイメージが強いですね。
はっきり言って、日本人の体格とは全く違います。

ブラジルの女性が、胸が大きくてセクシーなのは、もちろん骨格が関係しています。
だけど、それよりも大きな影響を与えているのは、脳の視床下部への刺激なのです。
ブラジルでは、カーニバルの時以外でも、普段からセクシーなファッションをしている人が多いのです。
胸元が大きく開いていて、体にぴったりフィットしたTシャツやドレス。
脚を大胆に露出したホットパンツなど、体型がどうであっても、とにかく女らしさを強調するファッションが一般的です。

こういったファッションをすると、人の目を無意識のうちに意識します。
だから、姿勢も良くなりますし、脚にも緊張感を持つようになるのです。
また、実際に男性の目線を意識することで、脳の視床下部が刺激されて、女性ホルモンの分泌が活性化されるのですね。

それに、ブラジルの女性は、愛情表現も豊かです。
キスやハグは当たり前ですし、好きな相手には自分のセクシーさをどんどんアピールします。
こういった行動によっても、女性ホルモンは盛んに分泌されて、スタイルをより女らしくしていきます。
このように、見られて意識をしたり、触れ合うことで女の部分を意識することが、ブラジル女性のスタイルをグラマラスにするのでしょう。

夏までに美しいバストラインを強調できる水着を着れるようにするためには?

目安時間 約 2分

夏と言えば、薄着になりますし、デコルテの開いた洋服を着ることが多くなりますよね。

もちろん、水着になることもあるでしょう。

そんな時、どこが気になるかといえば、やはりバストラインですね。

いくら頑張ってダイエットをして痩せていても、胸が貧弱だと、水着をかっこよく着こなすことは出来ません。

特に、水着はスタイルをごまかすことは出来ても、バストラインをごまかすのは難しいものです。

胸が小さければ、それなりのバストラインにしかならないので、目立たないようにするには隠すしかないでしょう。

そんなバストでも、短期間で大きくすることは可能です。

と言っても、豊胸手術のようにリスクを伴う方法は止めましょう。

豊胸手術は、すぐにバストを大きく出来ますが、思い通りのバストラインにならないことも多いのです。

また、胸が固くなったり、左右の大きさが違ったりと副作用もあるので、やらない方が賢明です。

それよりも効果があるのが、意外にもマッサージです。

プロが施術すると、1回のマッサージでも2カップぐらいバストアップをさせることが出来ます。

でも、もちろんこれは技術を身につけているからです。

だけど、バストアップ教材のマッサージなら、続けていれば確実にバストアップが期待出来ます。

しかも、マッサージはバストラインを綺麗に整えてくれるので、一石二鳥ですね。

マッサージなら体に負担もかけず、代謝もアップさせてくれる効果もあるので、バストアップには最適です。

1日、2日で結果を出すのは難しいかもしれませんが、1ヶ月もすればバストラインが変わるのを実感出来るでしょう。

デコルテ部分のニキビやシミを解消して肌の質を美しくする!

目安時間 約 2分

美しいバストラインは、女性の永遠の憧れと言っても過言ではないでしょう。

大きさはもちろん、張りがあって上向きのバストは、女性ならではの魅力でもあります。

ただし、バストラインや大きさだけでは、美しいとは言えません。

バスト周りで、一番人目につくのはデコルテ部分です。

デコルテ部分は素肌を露出しているので、この部分が美しいということも、女性としてはとても重要なことになるでしょう。

ただ、デコルテ部分は紫外線などのダメージを受けやすいので、意外にシミが出来やすいと言えます。

それに、デコルテにはリンパ節があるので、ストレスやホルモンバランスの影響でニキビが出来やすい部分にもなります。

デコルテ部分にニキビやシミが出来ていたら、到底魅力的とは言えませんね。

だから、女性ならバストアップと同時にデコルテ部分のお手入れも欠かさないようにしましょう。

と言っても、特別なお手入れが必要ということではありません。

要は、顔と同じようにケアをしてあげればいいのです。

ケミカルタオルでごしごし洗ったりせず、洗顔をするようにデコルテも泡で洗いましょう。

その後は、ローションでしっかり潤いを与えて保湿をします。

日中は日焼け止めを塗って、週に2回ぐらいはピーリングをすると、綺麗なデコルテを保つことが出来ます。

ただし、デコルテ部分や胸の谷間は皮脂腺が多いので、保湿をしすぎるとニキビが出来てしまうことがあります。

ですから、保湿は潤いを保つ程度、という感覚で、とにかく水分をたっぷり与えてあげることが、肌の質を美しくするポイントになります。

豆乳や大豆製品でバストアップ!

目安時間 約 2分

バストは女性の体系で重要な部分です。

胸が小さいとやっぱり気になってしまいますし、コンプレックスに思っている方は少なくありません。

胸の成長は思春期に起こるもので、成人してからバストアップするには豊胸手術しかないと思われる方もいますが、手術などをしなくても自然に胸を大きくすることができます。

バストの成長は女性ホルモンが大きく関係しています。

ホルモンバランスがよく、女性ホルモンが十分な量分泌されていれば、胸も成長することができるといわれています。

ホルモンバランスは普段の食事や生活習慣に大きく左右されます。

できれば、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事を取ることが望ましいですが、忙しい現代ではなかなか理想通りにいかないかと思います。

そうした方には豆乳などの大豆製品をおすすめします。

大豆には女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じはたらきをするイソフラボンが豊富に含まれていますので、バストアップに大きく役立ちます。

大豆製品は豆乳や豆腐、味噌やおからなど様々なものがありますので、日常生活に取り入れやすいかと思います。

また、大豆製品には良質なたんぱく質が含まれていますので、ダイエットしている方にもおすすめです。

おからで取る場合は、食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘に悩んでいるかたは週に何度かとるといいかと思います。

大豆製品に加えてマッサージを行うと、バスト周辺のリンパや血液の流れがよくなりますので、入浴中などに軽く行うといいでしょう。

レッドクローバーのバストアップ効果は?

目安時間 約 2分

レッドクローバーとはヨーロッパ原産の植物であり、日本ではアカツメクサやムラサキツメクサなどと呼ばれています。

ヨーロッパでは古くから健康に良いハーブとして親しまれてきました。

このレッドクローバーは花の部分にイソフラボンが豊富に含まれているため、バストアップのサプリメントとして販売されています。

イソフラボンと言えば大豆イソフラボンが有名ですが、レッドクローバーに含まれているイソフラボンは大豆の10倍から20倍の量が含まれているといいます。

またイソフラボンの種類の中でも、レッドクローバーに含まれるイソフラボンは体内への吸収率も良く、少量で効果が期待できるのだそうです。

レッドクローバーのサプリメント、果たして本当にバストアップするのかというのが一番気になる所でしょう。

効果に関しては、バストアップの効果が出る人と出ないい人がいる、というのが正直な所です。

薬ではないので絶対にバストアップするという事はないです。

また、仮にサプリメントでバストアップしたとしても、美しい形のバストを手に入れる事は難しいでしょう。

キレイなプロポーションを保つにはやはり地道な努力が必要なのです。

補助的な気持ちで使う分には問題ありませんが、これだけでバストアップを考えているのは間違いです。

バストアップしたいというのは、ただ大きな胸を手に入れたいというのではなく、美しいバストを手に入れたいという事ではないでしょうか。

それならば、サプリメントだけに頼るのではなく地道なバストケアをおススメします。

1 2 3 65
このブログを書いてる人

ブログ管理人:ゆい


バストアップに関心を持つ女性が増えてきて、それと同時に様々なバストアップ方法が登場しています。そこで最短で胸を大きくするためにはどうしたら良いの?いろいろありすぎてどれが効果的なのかわかんない!と疑問の声も。ユイのブログでは、バストアップするために知っておかなければいけない知識やノウハウを伝授します。

私がどうやってバストアップできたと思う?

ananに掲載されました

anan


ananの美乳特集ページ(10月24日発売)にてユイのブログが掲載されました。
最近の投稿
当ブログ推薦バストアップ教材


みんながヒラクアップを買う前に知りたい情報をまとめました。
カテゴリー