豊胸バッグ挿入法のデメリット

貧乳でも胸を大きくする方法!【バストアップの部屋】

貧乳だったユイがAからEカップへバストアップした方法を解説しています。胸を大きくしたい方は参考にしてくださいね。

豊胸バッグ挿入法のデメリット

目安時間 約 2分

胸を大きくしたいという女性は多くいます。

中には豊胸手術を考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、技術が発達している現在でも豊胸手術にはリスクがあります。

豊胸手術をする前にしっかりデメリットを知っておくことが大切です。

豊胸手術にはいくつか方法がありますが、中でも1番リスクが高く費用も高いのがシリコンなどの豊胸バッグを胸に挿入する方法です。

では、この豊胸バッグ挿入法にはどんなデメリットがあるか考えてみましょう。

豊胸手術と言えば真っ先に思いつくのが、この豊胸バッグを胸に挿入する方法です。

シリコンバックの種類は生理食塩水やハイドロジェル、シリコンなどがありますが、現在はシリコン素材が主流のようです。

また、シリコンにも種類がいくつかあり、病院によって使うシリコンに違いがあります。

さらにシリコンを入れる位置も、筋肉の下に入れるのか乳腺の下に入れるかの2通りあります。

豊胸バッグを挿入する手術を行った場合、ずっとキレイな形を維持していけると思っている人が多いと思いますが、直後はキレイな形を保っていても年齢を重ねるごとに段差ができて不自然な形になるようです。

また、術後の痛みや手術の際の傷跡が消えないなどの後遺症があったり、中には手術中の事故で亡くなる人もいます。

さらに女性にとって深刻な病気である乳がん、この乳がんの検査が豊胸バッグを挿入する事で受けられないという事も大きなデメリットです。

シリコンバッグが白く映り、検査にならないのです。

バストアップは手術をしない安全な方法もあります。

後悔しないためにもリスクのないバストアップ法をおススメします。

2年で300名以上バストアップに成功したユイの育乳コミュニティーを期間限定で無料公開中です(*´∨`*) ※詳細はメルマガにて

ユイの裏メルマガ
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪

ユイのおすすめバストアップ教材はこちらです(*´∨`*)

 

この記事に関連する記事一覧

このブログを書いてる人

ブログ管理人:ゆい


バストアップに関心を持つ女性が増えてきて、それと同時に様々なバストアップ方法が登場しています。そこで最短で胸を大きくするためにはどうしたら良いの?いろいろありすぎてどれが効果的なのかわかんない!と疑問の声も。ユイのブログでは、バストアップするために知っておかなければいけない知識やノウハウを伝授します。
ananに掲載されました

anan


ananの美乳特集ページ(10月24日発売)にてユイのブログが掲載されました。
最近の投稿
当ブログ推薦バストアップ教材


みんながヒラクアップを買う前に知りたい情報をまとめました。
カテゴリー