豊胸手術のリスクや麻酔の危険性とは?

豊胸手術のリスクや麻酔の危険性とは?

「バストアップの究極の方法」と言えば豊胸手術ですよね。

何をしても胸が大きくならない場合の、「貧乳さんの最後の砦」。

お金をかければ簡単にバストアップできる(…と思われてる)ため、日本では年間数万人も手術を受けていると言われています。


豊胸手術には様々な方法があります。

例えば、シリコンを入れる、脂肪を注入する、ヒアルロン酸を注入する、などの方法がありますが、どの方法も必ずリスクが伴うのが難点です。

 

ヒアルロン酸注入のメリットとデメリット


比較的安全だと言われているのが、局所麻酔で行うヒアルロン酸注入の豊胸手術です。

ヒアルロン酸は体内にもある成分ですから体内に入っても安全です。

血液加工物を注入するのと同様に、比較的安全性は高いと言えるでしょう。


ただし、デメリットは豊胸効果が長続きしないことですね。

乳房内に注入したヒアルロン酸は、3か月ほどで約半分は体内に吸収されてしまい、持続効果が少ないのが難点です。


つまりバストアップ効果は一時的なものなので、維持するためには何度も注入しなければならないのです。

 

豊胸バッグ(生理食塩水バッグ、シリコンバッグ挿入法)のメリットとデメリット

シリコンを入れる方法は、全身麻酔でメスを使う手術ですから体への負担も大きくリスクが高いです。

また豊胸バッグは、いろんな豊胸クリニックさんでも失敗した事例が多く、胸が不自然な形になってしまったり、体内でバッグが破けて炎症を起こしたケースも報告されています。

発がん性物質が含まれている可能性があるとも言われていますから怖いですよね(>_<)


また、術後に痛みがある場合もありますし、傷跡が残ってしまう人も少なくありません。

同じく、全身麻酔で行う脂肪注入についてですが。

脂肪注入はシリコンよりは体への負担は少ないですが、脂肪が壊死したり、石灰化したりする事もあり、こういった後遺症に苦しめられている女性がたくさんいますね…。


脂肪注入で失敗したケースはテレビでもたくさん紹介されていました…。

徐々に体内に吸収されていくので持続性もありませんしね。


結局は何が言いたいかというと、豊胸手術をしたからといって胸のコンプレックスが消えることはない、ということです。

育乳によって自然にバストアップしたわけではなく、偽りのバストアップですからね。

 

安全で健康的なバストアップ法だってあるよ(#^^#)


豊胸手術の時の麻酔にも危険は伴います。

局部麻酔、全身麻酔、どちらも同じく危険はあります。

実際に愛知県でもまた手術中の死亡事故が起きましたね(>_<)

局所麻酔を受けた30代女性が、手術中に突然の意識不明で、そのまま死亡しました。


また、麻酔の量を間違えるような事故もあるのです。


ここで豊胸手術を受けようか検討している方にユイは質問させていただきたいです。

「バストアップって命がけでやるものなのでしょうか?」


自分のおっぱいを大切に育ててあげて、一生ものの美バストを作っていくのがバストアップと言えるのではないでしょうか?

もし、これを読んでいるあなたが、豊胸手術しか胸が大きくならないと思っているとしたら、こちらの記事を読んでみてください。

豊胸以外でバストアップに成功できました!

 

このように、バストアップはリスクもなく行える方法もあるんです。

ユイで良ければ、健康的にバストアップしていくための道を教えますので、お気軽にメールくださいね(#^^#)


胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪


バナー01
気になるギモンを解決!バストアップQ&A
おっぱいにお肉を付ける方法は?
バストに脂肪を付ける方法をお教えします!
垂れたおっぱいは元にも戻る?
バストの下垂を予防、解消する秘訣を伝授します!
バストの左右差を解消する方法!
バストが左右非対称!?原因は3つありました!
みるみる離れていくおっぱい…大丈夫!?
離れ乳に必要な対処方法を見極めてしっかり取り組めば綺麗な谷間を作れます
バージスラインを作る!美乳の作り方
バージスラインが薄い原因を見極めてバストアップケアを行いましょう。
このブログを書いてる人
ユイです。
バストアップに成功した
経験を生かして読者さんに アドバイスをしてます。

胸のコンプレックスを解消して自分らしく楽しく生きていきましょう(*^-^*)