貧乳でも胸を大きくする方法

貧乳でも胸を大きくする方法!【バストアップの部屋】

貧乳だったユイがAからEカップへバストアップした方法を解説しています。胸を大きくしたい方は参考にしてくださいね。

運動はバストアップに効果的?

目安時間 約 2分

バストアップするには女性ホルモンの分泌を高める事や、食事に気をつける事、マッサージをする事などいろいろありますが、適度な運動も大切だという事を知っているでしょうか。

運動と言っても何かスポーツをしなければならないという訳ではなく、ストレッチや体操、ヨガやエクササイズなどでも大丈夫です。

適度に体を動かすという事が大事なのです。

なぜ、バストアップに運動が必要なのかというと、運動する事で新陳代謝が上がるというのがあげられます。

身体を動かすと血行が良くなり、新陳代謝が上がります。

すると女性ホルモンの分泌も促進される事になるのです。

また、新陳代謝が上がれば、身体に溜まった老廃物は速やかに排出され、バストに必要な栄養分は隅々まで行き渡ります。

大胸筋を鍛えてあげればバストの土台がしっかりして、胸を持ち上げハリのあるバストを作る事ができます。

ただし、バストアップに必要なのは適度な運動であるという事を意識しておきましょう。

激しい運動や過剰な有酸素運動は脂肪を多く燃焼する事になります。

運動のし過ぎはバストを小さくしてしまう事もありますから気を付けましょう。

バストアップにおススメの運動はストレッチです。

ストレッチは筋肉を引っ張り伸ばす事で血行を良くし、冷えやむくみを解消します。

筋肉を柔らかくする事でコリや痛みを解消する事にもなりますから、肩や首のコリがひどい人に特にストレッチはおススメです。

胸や背中などの上半身のストレッチで新陳代謝を促進して、ハリのあるバストを作りましょう。

脂肪注入法豊胸術のリスクとは?

目安時間 約 2分

豊胸手術を考えた場合、シリコンなどの豊胸バッグを挿入する方法、ヒアルロン酸を注入する方法、そして脂肪を注入する方法が考えられます。

下半身太りを気にしている人の中には、脂肪注入法を試したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

脂肪注入法は自分のお腹やお尻などの脂肪を吸引してバストに注入する方法です。

下半身の脂肪がなくなってさらにバストアップと聞けば、一石二鳥と思っている人もいるかもしれませんが、そんなにうまくいくものではありません。

自分の脂肪なので拒絶反応もなく、身体にメスを入れるわけでもないから安全、と良い部分がクローズアップされていますが、脂肪が壊死したり石灰化するなどのリスクがある事を知っておきましょう。

最近では技術も進歩してリスクは軽減されつつありますが、ゼロではありません。

また、脂肪を注入しているため、ヒアルロン酸注入法と同様に体内に吸収されてしまうため、持続力がありません。

数年でほとんど元通りの大きさになるのだといいます。

術後に石灰化した脂肪がしこりとして残る事も多くあり、乳がんと勘違いされる事もあるのだそうです。

脂肪注入法は自分の余計な脂肪を吸引しますが、この時の吸引の仕方が悪くデコボコになったり、吸引の器具の後が残ったりというリスクも多くあります。

どのタイプの豊胸手術でも、リスクは付き物です。

安易にリスクのある豊胸手術をせずに、地道に努力をして少しずつでも安全なバストアップを目指しませんか。

カルシウムとバストアップの関係

目安時間 約 2分

カルシウムは骨を丈夫にする栄養素と思っている人が殆どで、バストアップに関係している栄養素だと認識している人は少ないのではないでしょうか。

しかし、カルシウムはバストアップに大きく関係しています。

なぜバストアップにカルシウムが関係しているのか、ちょっと考えてみましょう。

カルシウムが足りていないと骨や筋力が弱くなり正しい姿勢が保てなくなっていきます。

結果、猫背やガニマタになり、バストアップの妨げになるのです。

また、カルシウム不足は歯も弱くし、十分に咀嚼ができなくなってしまう事から、食事からの栄養が十分に得られない事でバストのサイズがダウンしてしまう事もあります。

また、カルシウム不足では貧血状態になる事も多いですし、低体温で卵巣機能も低下してしまいます。

血行も悪くなり、十分に胸に栄養を送る事ができなくなる事も育乳できない理由のひとつです。

これらの事を考えると、日頃からカルシウムをしっかり摂取していなければバストアップ効果も半減してしまうという事がわかります。。

中にはカルシウムを摂取する為に、サプリメントを利用している人もいるかもりれませんが、カルシウムのサプリメントを飲めばバストアップできるという簡単なものでもありません。

バストアップにはマッサージやストレッチなどのバストケアは必須です。

効果を最大にするために補助的な要因でカルシウムの摂取がおススメなのです。

サプリメントで補う必要いですから、普段のの食事に少し気をつけてみてはどうでしょう。

思春期の疑問?10代のバストの発育について

目安時間 約 2分

10代ともなると、そろそろバストの大きさが気になってくる頃ですね。

よく、成長期のバストの大きさが、その後のバストを決定するといいます。

ですから、10代というもっとも成長が目覚しい時にバストが発育しないと、小さいままなのではと不安になってしまうでしょう。

バストの発育は、約4年間かけて行われていきます。

この間に、形や硬さが3つのステップを経て変化していくのです。

1つ目のステップでは、まず乳頭部分がふくらみ始めますが、この時はまだ胸は柔らかいです。

そして、2つ目のステップで、そのふくらみが横に広がっていき、少しずつ胸が硬くなります。

最後に、3つ目のステップで立体的に丸くなっていって、一番硬くなるというのが、基本的なバストの発育状態になります。

ただし、このバストの発育は、何歳から始まるということは言えません。

と言うのも、バストの発育は初経に大きく関わっているので、個人差が大きいのですね。

つまり、発育のステップは同じなのですが、何歳から始まるとは決まっていないのです。

確かに、最近は栄養が豊富な食生活になってきているので、初経を迎える平均年齢が下がってきています。

そのため、10代でも早いうちからバストの発育が始まる子が多くなっています。

だから、自分だけバストが発育しない、と焦ってしまう子もいるでしょう。

だけど、あくまでも初経が始まる前後にバストの発育が始まるので、焦る必要はありません。

万が一、発育状態が悪くても、大人になるまでにバストの大きさはどんどん変わっていきます。

それに、バストアップ教材でバストアップすることも可能なので、心配しなくても大丈夫なのです。

脂肪と乳腺組織「バストの構造」

目安時間 約 2分

バストアップのためには、その方法を知ることも大事ですが、まずはバストの構造を知ることが大切です。

これをきちんと知っておかないと、間違ったバストアップ方法に手を出してしまうこともあります。

また、サプリメントなどの誇大広告に惑わされることもあるので、構造をしっかり理解しておきましょう。

バストの構造は、脂肪が90%、乳腺組織が10%という割合で形成されています。

脂肪は、ウエストなどにはつかないで欲しい体脂肪ですが、バストについている分にはバストアップに貢献しているのですね。

乳腺組織は、乳頭の周りに放射線状に並んでいる組織で、乳腺葉という塊で形成されているものです。

この乳腺葉に乳管がついていて、乳頭を通って乳汁が出て行くのですね。

この乳腺が発達することによって、バストに張りが出ます。

そして、脂肪は乳腺を守っているので、乳腺が発達するほどに脂肪も増えます。

つまり、乳腺の発達がバストアップには欠かせないものなのですね。

乳腺を発達させる一番の方法は、女性ホルモンをたくさん分泌させることです。

例えば、妊娠をすると母乳を出すために胸が大きくなりますね。

これは、妊娠することによって女性ホルモンの分泌量が増えるからなのです。

ですから、たとえ妊娠していなくても、女性ホルモンの盛んに分泌されれば、乳腺がどんどん発達していきます。

それに伴って、脂肪もどんどん増えていくというのが、バストの構造なのです。

女性ホルモンを分泌させるには、マッサージが効果的です。

ちなみに、サプリなどで女性ホルモンを摂取すると、逆にバランスが崩れることがあるので止めておきましょう。

上半身ガリガリでもバストの脂肪を増やす方法とは?

目安時間 約 2分

バストは90%が脂肪で出来ているので、バストアップをするには当然脂肪が必要になります。

だけど、上半身がガリガリの場合、集める脂肪がないのでバストアップが難しくなってしまいますね。

もちろん、上半身ガリガリでも、バストアップ教材のマッサージをすれば、ある程度胸を大きくすることは出来ます。

乳腺を効果的に刺激することで、女性ホルモンの分泌が盛んになるので、バストアップは可能なのです。

ただ、上半身ガリガリだと、デコルテ部分が薄いため、バストに高さを持たせることが出来ません。

ですから、やっぱりバストの脂肪を増やすことも必要なのですね。

まず、デコルテ部分をバストアップするには、出来れば体脂肪が22%程度あるのが理想です。

でも、いたずらに体脂肪を増やしたとしても、それが胸の部分につくとは限りません。

バストの脂肪を増やすには、タンパク質などを摂取することがポイントになります。

バストの脂肪を増やす効果が期待出来るのは、やっぱり大豆イソフラボンですね。

これは王道とも言える成分ですが、やはりバストには大豆イソフラボンと言えるでしょう。

ですから、納豆、豆乳、豆腐、味噌などを積極的に摂取するようにしてください。

ただし、上半身ガリガリということは太りにくい体質かもしれないので、食材だけでバストに脂肪を付けるのは難しいかもしれません。

そう言った場合は、プロテインを摂るのも効果的です。

このように、摂取する成分を意識することで、バストの脂肪を増やすことが出来ます。

これにバストアップ教材のマッサージを組み合わせると、バスト全体をアップすることが出来るでしょう。

バストアップニッパーで肋骨痛い方の対処法

目安時間 約 2分

バストアップニッパーは、お腹や背中のお肉を胸に集めて、その状態を保つことが出来る補正下着です。

ですから、着けているだけでバストケアが出来る、とてもお手軽なアイテムです。

正しい使い方をすれば、ウエストを引き締めながらバストアップをすることも可能です。

ただ、ウエスト周りを締め付けるので、肋骨が痛くなってしまうという方もいるようですね。

それに、姿勢が悪くなったりすると、アンダー部分が食い込んで、苦しくなることもあるでしょう。

もし、バストアップニッパーで肋骨が痛くなったら、無理をせずフックを緩めて、サイズを調節しましょう。

サイズを緩めてしまうと効果がなくなる、と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

きちんとウエスト周りをサポートしているので、何も着けていない状態よりは、バストアップの効果があります。

また、バストアップニッパーは、脂肪が流れないように生地がきつめに編まれています。

だから、使い始めは肌に馴染まないので、痛みを感じることもあります。

こういった場合は、何回か使っているうちに肌に馴染むので、肋骨の痛みも軽減されるでしょう。

それでも痛い時には、バストアップ教材のマッサージを組み合わせるといいですね。

マッサージをすると、ウエストや背中のお肉を効果的にブラに収めることが出来るので、ウエスト周りのきつさがなくなります。

そして、このようなことにならないように、購入前にきちんとサイズを測っておくことも重要です。

出来れば、下着屋のフィッターにサイズを測ってもらって、正しいサイズのバストアップニッパーを購入してください。

授乳で左右の胸の大きさが変わってしまった場合の対処法

目安時間 約 5分

 

出産後、バストの変化に悩む人は少なくありませんよね。

 

特に、授乳で左右の胸の大きさが変わってしまって悩んでいる人が多いです。

 

他にも、胸が垂れ下がってしまった、形が崩れてしまったなどが卒乳後のバストの悩みの典型でしょうか。 続きを読む

お腹や下半身に脂肪が付くのに胸には付かない場合の対処法

目安時間 約 5分

 

バストはほとんどが脂肪で出来ていますよね。

 

でも、同じ脂肪でもお腹や下半身には簡単についてしまうのに、バストにはなかなかつかないと悩んでいる人が多いんです・・。

 

胸以外のお腹やお尻、太ももに脂肪がつきやすい人は、もしかしたら隠れ不健康タイプの可能性があるので、将来は張りのない垂れパンダおっぱいになってしまう危険性があります!
とはいえ、今からバストケアしていけば今よりも美バストに育て上げることは十分可能なので悲観的に考える必要はありませんよ☆

 

バストに脂肪がつかず貧乳なままという方の対処法をお話ししていきましょう(#^^#)

 

バストアップの本質は女性ホルモン!

 

まず、大前提として知っておかなければいけないのは、女性ホルモンが活性化されていないと胸に脂肪はつかないということ。

 

バストが育つのは女性ホルモンが活性化されて乳腺が発達するからです。

 
バストの中身は乳腺が1割、残りの9割は脂肪でできていますが、バストアップに重要な役割を果たすのは、実は「乳腺」の方なんです。

 

なぜなら、バストの脂肪は乳腺を守るように付いているからです。

 

乳腺が発達すると、それを守るためにたくさんの脂肪を必要とするので、胸が大きくなるように細胞が働きかけます。

 
逆に、乳腺が発達していないと、それを守る必要性がほとんどないので、脂肪も要らないですよね。だから胸も小さいままなんです。

 

つまり、乳腺の成長なくしてバスト脂肪が増えることはないのです(>_<)

 

だから、何はなくともまずは女性ホルモンを増やすことを考えていきましょう。

 

女性ホルモンの分泌を促す食品を食べるべし!

バストアップできない第一の要因として、食生活の問題がありますね。

 

特に、大豆イソフラボンに含まれるような女性ホルモンを分泌させる食品の摂取は必須です。

 
そもそも、バストに脂肪がつかないという女性は、女性ホルモンの分泌が足りていない場合が多いです。

 

巷で人気がある豆乳飲料を見てみると、大豆イソフラボンが多くて30mg程度の含有量です。

 

一日に摂取したい大豆イソフラボンの量は80mg程度とされていますから、豆乳200mlを一本飲む程度では全く足りていないことになります。

 
効率的にバストアップ食品を摂取する方法については「豆乳や鶏肉を積極的に取り入れてバストアップ!」も参考にしてみてください。

 

バストケアによって女性ホルモンを促すべし

 

そして、これがバストアップの最重要課題となります。

 

張りのあるお椀型おっぱいに育てていくためには、身体の内側から女性ホルモンが巡りやすい体質に変えないといけませんよね。

 

そのために必要なのがバストアップマッサージやストレッチです。

 
日頃からのケアで血流やリンパの流れを良くしていくことで、女性ホルモンの分泌をスムーズに整えていき、効率的に乳腺の発達を促していくこと

 

このプラスのスパイラルに乗ることが大切なんですね。

 

全身のストレッチを行うことも重要ですが、特にバスト周りのマッサージは欠かさず行うようにしましょう。

 
内側からも外側からもケアすることで、相乗効果が高まって良い結果が出るはずですよ(#^^#)

眠りに関するホルモン、メラトニンでバストアップ

目安時間 約 4分

 

 

バストアップに必要なホルモンと言えば、

まず挙げられるのが女性ホルモンです。

 

女性ホルモンには、乳房を発達させるエストロゲンと、

乳腺の発達を促すプロゲステロンがあります。

 

この2種類の女性ホルモンがバランスよく分泌されることで、

効率の良いバストアップが出来るのですね(#^^#)

 

でも、バストアップには、もう一つ必要なホルモンがあります。

 

 

それは、コラーゲンを生成する成長ホルモンです。

 

成長ホルモンによって、バストにハリが出たり、

ボリュームを出したりすることが出来るのです。

 

ただし、成長ホルモンが分泌されるためには、

質の高い睡眠が必要になります

 

 

眠りが浅かったり、成長ホルモンの分泌が盛んになる

夜10時から翌2時にかけてぐっすり眠れていないと、

成長ホルモンの分泌は低下します。

 

そのために必要なのが、

眠りに関するホルモンのメラトニンなのです。

 

 

メラトニンというホルモンについて

 

メラトニンには、「睡眠導入ホルモン」と呼ばれる

質の高い眠りを誘発する作用があります。

 

メラトニンが分泌されることで「眠気」を感じるので、

脳が睡眠に入る準備を始めます。

 

 

また、メラトニンがしっかり分泌されていると、

規則正しくレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。

 

メラトニンは、成長ホルモンの働きをサポートするので、

質の良い睡眠によって成長ホルモンもきちんと分泌されるのですね。

 

つまり、メラトニンが安定して分泌されることで、

張りと弾力ある豊かなバストアップが可能になるのです。

 

 

メラトニンを分泌させて胸を大きくするには?

 

メラトニンの分泌量を多くするためには、

同時にセロトニンを分泌させることが必要不可欠です。

 

セロトニンというのは、昼間に活発に分泌させるホルモンですが、

夜はメラトニン、昼はセロトニンと交互に入れ替わるようにして、分泌しているのです。

 

 

セロトニンはメラトニンを作る働きもあるので、

昼間にセロトニンが分泌されなければ、

夜にメラトニンが分泌されません(>_<)

 

だから、どちらもバランス良く分泌させるためには、

規則正しい生活が大切なんですね。

 

 

さらに、メラトニンの分泌を安定させるのに、

トリプトファンを含む食材を摂るのがお勧めです。

 

トリプトファンは、牛乳やヨーグルト、チーズ、

アーモンドや白米などに含まれています。

 

こういった食品を意識的に食べるようにすると、

メラトニンのバストアップ効果も期待出来るでしょう(#^^#)

 

バストアップのためには、まずは環境づくりから☆

 

生活習慣に気を配って、睡眠リズムを整えるところから

スタートしていきましょうね!

1 2 3 6
このブログを書いてる人

ブログ管理人:ゆい


バストアップに関心を持つ女性が増えてきて、それと同時に様々なバストアップ方法が登場しています。そこで最短で胸を大きくするためにはどうしたら良いの?いろいろありすぎてどれが効果的なのかわかんない!と疑問の声も。ユイのブログでは、バストアップするために知っておかなければいけない知識やノウハウを伝授します。
ananに掲載されました

anan


ananの美乳特集ページ(10月24日発売)にてユイのブログが掲載されました。
最近の投稿
当ブログ推薦バストアップ教材


みんながヒラクアップを買う前に知りたい情報をまとめました。
カテゴリー