大豆製品と各栄養素をバランス良く摂取しよう!

大豆製品と各栄養素をバランス良く摂取しよう!

バストアップを本気で考えるのであれば、
大豆イソフラボンの摂取は基本中の基本ですよね~♪

今日は、大豆イソフラボンと一緒にとると
相乗効果がアップする栄養素を紹介したいと思います。

eiei393009

 

イソフラボンの吸収率を上げるには?

 

イソフラボンは糖と結合していえう状態なんですね。
糖質は分解・吸収に時間がかかります。

ですから糖と切り離せば吸収が早まる、ということになります。

 

糖と切り離すのは腸内細菌がもつ酵素なので、
生の野菜や果物から酵素をとったり、
善玉菌を増やすようにヨーグルトと一緒にとると良いでしょう。

朝ごはんのメニューに良さそうですね(*^_^*)

 

糖と切り離されたイソフラボンは、
「イソフラボンアグリコン」といって、
2倍以上吸収が良いと言われています。

 

バストとハリと弾力をもたらすために…

 

ビタミンCとタンパク質をいっしょにとりましょう。

線維芽細胞と呼ばれる、
コラーゲンやエラスチンのもとになる細胞が
元気になり、若々しいバストをキープします。

これは、顔のお肌にも効果抜群です。

 

イソフラボンの栄養をバストにいきわたらせるために…

 

海藻などのミネラルといっしょに取り入れましょう。

ミネラルは、体内の代謝を上げるのに必要な栄養素ですが、
現代の食生活では不足している人が多いと言われています。

ミネラルを補充して体内代謝をあげながら、
イソフラボンの栄養素をバストに届くようにしてあげましょう。

 

ユイのおすすめはルイボスティーです。
ルイボスティーはアフリカでしか育ちません。

そのため、アフリカの鉱物豊かな土壌から
たくさんのミネラルを吸っていて
ミネラルが豊富なお茶なんですよ☆

 

余分なコレステロールを減少させるには…

 

大豆イソフラボンと一緒に、
青魚や食物繊維豊富な食品を一緒に取りましょう。

余分なコレステロールを減少させてくれます。

 

いかがですか?

いろーんなかけあわせによって、
イソフラボンの働きが効率UPするんですよ☆

毎日ただイソフラボンを摂取するのも
マンネリ化してきますよね…

そんなときはこの記事を思い出してみてくださいね♪


胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪


バナー01
気になるギモンを解決!バストアップQ&A
おっぱいにお肉を付ける方法は?
バストに脂肪を付ける方法をお教えします!
垂れたおっぱいは元にも戻る?
バストの下垂を予防、解消する秘訣を伝授します!
バストの左右差を解消する方法!
バストが左右非対称!?原因は3つありました!
みるみる離れていくおっぱい…大丈夫!?
離れ乳に必要な対処方法を見極めてしっかり取り組めば綺麗な谷間を作れます
バージスラインを作る!美乳の作り方
バージスラインが薄い原因を見極めてバストアップケアを行いましょう。
このブログを書いてる人
ユイです。
バストアップに成功した
経験を生かして読者さんに アドバイスをしてます。

胸のコンプレックスを解消して自分らしく楽しく生きていきましょう(*^-^*)