授乳で左右の胸の大きさが変わってしまった場合の対処法

授乳で左右の胸の大きさが変わってしまった場合の対処法

出産後、バストの変化に悩む人は少なくありませんよね。

特に、授乳で左右の胸の大きさが変わってしまって悩んでいる人が多いです。

他にも、胸が垂れ下がってしまった、形が崩れてしまったなどが卒乳後のバストの悩みの典型でしょうか。

産後にバストの形が崩れてしまったり、左右差が大きくなってしまうのは、赤ちゃんの飲みグセによる部分が大きいです。

赤ちゃんが好んで飲む側のおっぱいは乳腺が発達しやすいのでサイズが大きくなりやすいですし、逆にそうでない方のおっぱいは衰えやすいため、結果的に左右差が生じるケースが多いのです。

では、このような場合は、どのような対処法が効果的なのか?

まずはできるだけ両側のおっぱいで均等に授乳することが大切です。

授乳後の左右差がこういった授乳の偏りによって生まれることを考えれば、できるだけ均等に授乳することが、左右差を生じにくくするというのは当然の帰結です。

そのためには、妊娠中からしっかりマッサージして乳首をほぐしておいたりして、母乳の出が悪くならないよう準備しておくといいでしょう。

授乳中は小さい方のおっぱいを先に吸わせることも左右差対策としては効果的です。

そしてもう1つ、おろそかにしてはいけないのが、授乳中の姿勢ですね。

赤ちゃんにおっぱいを飲ませるときは、どうしても前かがみになってしまいます。

猫背の状態が続くと、体の歪みが起きやすいので左右差や垂れの原因につながります。

授乳中はできるだけ背骨はまっすぐにして、あまり変な姿勢を保たないようにしましょう。

授乳後のバストの左右差対処法とは?

それでは、ここからは授乳後にバストの左右差が生じてしまった方に効果的な左右差解消についてお話しします。

まず、左右差解消に効果的な方法として挙げられるのがバストマッサージやストレッチ、体操などです。

これはユイやユイの読者さんが取り組んでいるヒラクアップでの育乳がおすすめ

小さいほうの胸を重点的にケアしてあげると良いでしょう。

マッサージやストレッチなどはお風呂に入った時に行ったり、蒸しタオルで温めてから行うと効果が出やすいです。

合わせて、食生活の改善も必要になりますので、キャベツや大豆製品など育乳食材を含めた、バランスの良い食事を摂ることをおすすめします。

授乳後でも正しい方法で行えば、バストケアは可能です。

毎日少しずつで良いので実践してみてください。

授乳後ではなく授乳中から早めにバストケアする事で、美しい美バストをキープすることが可能ですし、マッサージをする事で母乳の出もよくなりますから、ぜひ授乳期からのバストケアをおススメします。

マッサージやストレッチがなぜ効果的なのかというと、代謝や血行を良くする事につながるからです。

体の巡りが良くなれば、バストにしっかり栄養が行き届きますし、老廃物もしっかり流れていきます。

マッサージやストレッチなどは5分から10分でできるものですから、育児の合間にでも簡単にできるので続けることをおすすめします(#^^#)


胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪


バナー01
気になるギモンを解決!バストアップQ&A
おっぱいにお肉を付ける方法は?
バストに脂肪を付ける方法をお教えします!
垂れたおっぱいは元にも戻る?
バストの下垂を予防、解消する秘訣を伝授します!
バストの左右差を解消する方法!
バストが左右非対称!?原因は3つありました!
みるみる離れていくおっぱい…大丈夫!?
離れ乳に必要な対処方法を見極めてしっかり取り組めば綺麗な谷間を作れます
バージスラインを作る!美乳の作り方
バージスラインが薄い原因を見極めてバストアップケアを行いましょう。
このブログを書いてる人
ユイです。
バストアップに成功した
経験を生かして読者さんに アドバイスをしてます。

胸のコンプレックスを解消して自分らしく楽しく生きていきましょう(*^-^*)