脂肪注入法豊胸術のリスクとは?

貧乳でも胸を大きくする方法!【バストアップの部屋】

貧乳だったユイがAからEカップへバストアップした方法を解説しています。胸を大きくしたい方は参考にしてくださいね。

脂肪注入法豊胸術のリスクとは?

目安時間 約 2分

豊胸手術を考えた場合、シリコンなどの豊胸バッグを挿入する方法、ヒアルロン酸を注入する方法、そして脂肪を注入する方法が考えられます。

下半身太りを気にしている人の中には、脂肪注入法を試したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

脂肪注入法は自分のお腹やお尻などの脂肪を吸引してバストに注入する方法です。

下半身の脂肪がなくなってさらにバストアップと聞けば、一石二鳥と思っている人もいるかもしれませんが、そんなにうまくいくものではありません。

自分の脂肪なので拒絶反応もなく、身体にメスを入れるわけでもないから安全、と良い部分がクローズアップされていますが、脂肪が壊死したり石灰化するなどのリスクがある事を知っておきましょう。

最近では技術も進歩してリスクは軽減されつつありますが、ゼロではありません。

また、脂肪を注入しているため、ヒアルロン酸注入法と同様に体内に吸収されてしまうため、持続力がありません。

数年でほとんど元通りの大きさになるのだといいます。

術後に石灰化した脂肪がしこりとして残る事も多くあり、乳がんと勘違いされる事もあるのだそうです。

脂肪注入法は自分の余計な脂肪を吸引しますが、この時の吸引の仕方が悪くデコボコになったり、吸引の器具の後が残ったりというリスクも多くあります。

どのタイプの豊胸手術でも、リスクは付き物です。

安易にリスクのある豊胸手術をせずに、地道に努力をして少しずつでも安全なバストアップを目指しませんか。

2年で300名以上バストアップに成功したユイの育乳コミュニティーを期間限定で無料公開中です(*´∨`*) ※詳細はメルマガにて

ユイの裏メルマガ
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪

ユイのおすすめバストアップ教材はこちらです(*´∨`*)

 

この記事に関連する記事一覧

このブログを書いてる人

ブログ管理人:ゆい


バストアップに関心を持つ女性が増えてきて、それと同時に様々なバストアップ方法が登場しています。そこで最短で胸を大きくするためにはどうしたら良いの?いろいろありすぎてどれが効果的なのかわかんない!と疑問の声も。ユイのブログでは、バストアップするために知っておかなければいけない知識やノウハウを伝授します。
ananに掲載されました

anan


ananの美乳特集ページ(10月24日発売)にてユイのブログが掲載されました。
最近の投稿
当ブログ推薦バストアップ教材


みんながヒラクアップを買う前に知りたい情報をまとめました。
カテゴリー