貧乳でも胸を大きくする方法

貧乳でも胸を大きくする方法!【バストアップの部屋】

貧乳だったユイがAからEカップへバストアップした方法を解説しています。胸を大きくしたい方は参考にしてくださいね。

眠りに関するホルモン、メラトニンでバストアップ

目安時間 約 4分

 

 

バストアップに必要なホルモンと言えば、

まず挙げられるのが女性ホルモンです。

 

女性ホルモンには、乳房を発達させるエストロゲンと、

乳腺の発達を促すプロゲステロンがあります。

 

この2種類の女性ホルモンがバランスよく分泌されることで、

効率の良いバストアップが出来るのですね(#^^#)

 

でも、バストアップには、もう一つ必要なホルモンがあります。

 

 

それは、コラーゲンを生成する成長ホルモンです。

 

成長ホルモンによって、バストにハリが出たり、

ボリュームを出したりすることが出来るのです。

 

ただし、成長ホルモンが分泌されるためには、

質の高い睡眠が必要になります

 

 

眠りが浅かったり、成長ホルモンの分泌が盛んになる

夜10時から翌2時にかけてぐっすり眠れていないと、

成長ホルモンの分泌は低下します。

 

そのために必要なのが、

眠りに関するホルモンのメラトニンなのです。

 

 

メラトニンというホルモンについて

 

メラトニンには、「睡眠導入ホルモン」と呼ばれる

質の高い眠りを誘発する作用があります。

 

メラトニンが分泌されることで「眠気」を感じるので、

脳が睡眠に入る準備を始めます。

 

 

また、メラトニンがしっかり分泌されていると、

規則正しくレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。

 

メラトニンは、成長ホルモンの働きをサポートするので、

質の良い睡眠によって成長ホルモンもきちんと分泌されるのですね。

 

つまり、メラトニンが安定して分泌されることで、

張りと弾力ある豊かなバストアップが可能になるのです。

 

 

メラトニンを分泌させて胸を大きくするには?

 

メラトニンの分泌量を多くするためには、

同時にセロトニンを分泌させることが必要不可欠です。

 

セロトニンというのは、昼間に活発に分泌させるホルモンですが、

夜はメラトニン、昼はセロトニンと交互に入れ替わるようにして、分泌しているのです。

 

 

セロトニンはメラトニンを作る働きもあるので、

昼間にセロトニンが分泌されなければ、

夜にメラトニンが分泌されません(>_<)

 

だから、どちらもバランス良く分泌させるためには、

規則正しい生活が大切なんですね。

 

 

さらに、メラトニンの分泌を安定させるのに、

トリプトファンを含む食材を摂るのがお勧めです。

 

トリプトファンは、牛乳やヨーグルト、チーズ、

アーモンドや白米などに含まれています。

 

こういった食品を意識的に食べるようにすると、

メラトニンのバストアップ効果も期待出来るでしょう(#^^#)

 

バストアップのためには、まずは環境づくりから☆

 

生活習慣に気を配って、睡眠リズムを整えるところから

スタートしていきましょうね!

ヒラクアップに無料でオリジナル企画を付けてますよ(*´∨`*)

メルマガでも期間限定でユイの特典大放出中です(*´∨`*)

ユイの裏メルマガ
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪

 

この記事に関連する記事一覧

このブログを書いてる人

ブログ管理人:ゆい


バストアップに関心を持つ女性が増えてきて、それと同時に様々なバストアップ方法が登場しています。そこで最短で胸を大きくするためにはどうしたら良いの?いろいろありすぎてどれが効果的なのかわかんない!と疑問の声も。ユイのブログでは、バストアップするために知っておかなければいけない知識やノウハウを伝授します。
ananに掲載されました

anan


ananの美乳特集ページ(10月24日発売)にてユイのブログが掲載されました。
最近の投稿
当ブログ推薦バストアップ教材


みんながヒラクアップを買う前に知りたい情報をまとめました。
カテゴリー