貧乳でも胸を大きくする方法

貧乳でも胸を大きくする方法!【バストアップの部屋】

貧乳だったユイがAからEカップへバストアップした方法を解説しています。胸を大きくしたい方は参考にしてくださいね。

お腹や下半身に脂肪が付くのに胸には付かない場合の対処法

目安時間 約 5分

 

バストはほとんどが脂肪で出来ていますよね。

 

でも、同じ脂肪でもお腹や下半身には簡単についてしまうのに、バストにはなかなかつかないと悩んでいる人が多いんです・・。

 

胸以外のお腹やお尻、太ももに脂肪がつきやすい人は、もしかしたら隠れ不健康タイプの可能性があるので、将来は張りのない垂れパンダおっぱいになってしまう危険性があります!
とはいえ、今からバストケアしていけば今よりも美バストに育て上げることは十分可能なので悲観的に考える必要はありませんよ☆

 

バストに脂肪がつかず貧乳なままという方の対処法をお話ししていきましょう(#^^#)

 

バストアップの本質は女性ホルモン!

 

まず、大前提として知っておかなければいけないのは、女性ホルモンが活性化されていないと胸に脂肪はつかないということ。

 

バストが育つのは女性ホルモンが活性化されて乳腺が発達するからです。

 
バストの中身は乳腺が1割、残りの9割は脂肪でできていますが、バストアップに重要な役割を果たすのは、実は「乳腺」の方なんです。

 

なぜなら、バストの脂肪は乳腺を守るように付いているからです。

 

乳腺が発達すると、それを守るためにたくさんの脂肪を必要とするので、胸が大きくなるように細胞が働きかけます。

 
逆に、乳腺が発達していないと、それを守る必要性がほとんどないので、脂肪も要らないですよね。だから胸も小さいままなんです。

 

つまり、乳腺の成長なくしてバスト脂肪が増えることはないのです(>_<)

 

だから、何はなくともまずは女性ホルモンを増やすことを考えていきましょう。

 

女性ホルモンの分泌を促す食品を食べるべし!

バストアップできない第一の要因として、食生活の問題がありますね。

 

特に、大豆イソフラボンに含まれるような女性ホルモンを分泌させる食品の摂取は必須です。

 
そもそも、バストに脂肪がつかないという女性は、女性ホルモンの分泌が足りていない場合が多いです。

 

巷で人気がある豆乳飲料を見てみると、大豆イソフラボンが多くて30mg程度の含有量です。

 

一日に摂取したい大豆イソフラボンの量は80mg程度とされていますから、豆乳200mlを一本飲む程度では全く足りていないことになります。

 
効率的にバストアップ食品を摂取する方法については「豆乳や鶏肉を積極的に取り入れてバストアップ!」も参考にしてみてください。

 

バストケアによって女性ホルモンを促すべし

 

そして、これがバストアップの最重要課題となります。

 

張りのあるお椀型おっぱいに育てていくためには、身体の内側から女性ホルモンが巡りやすい体質に変えないといけませんよね。

 

そのために必要なのがバストアップマッサージやストレッチです。

 
日頃からのケアで血流やリンパの流れを良くしていくことで、女性ホルモンの分泌をスムーズに整えていき、効率的に乳腺の発達を促していくこと

 

このプラスのスパイラルに乗ることが大切なんですね。

 

全身のストレッチを行うことも重要ですが、特にバスト周りのマッサージは欠かさず行うようにしましょう。

 
内側からも外側からもケアすることで、相乗効果が高まって良い結果が出るはずですよ(#^^#)

乳腺とバストアップ

目安時間 約 4分

 

この間、読者さんから

「乳腺を発達させるためには何したら良いですか?」

というご質問を頂いたので

今日は乳腺のお話しをしたいと思います(*'ω'*)

 

nyuuseni8

 

 

まず乳腺とはバストを構成する1つですね。

 

バストは9割が皮下脂肪によって作られていて、

残りの1割は「乳腺組織」となっています。

 

バストの大きさや形を決めるのは

乳腺の大きさと多さによるものだと考えられていて、

バストアップと乳腺には深い繋がりがあるのです。

 

 

バストの9割は皮下脂肪(乳腺脂肪体)と書きましたが、

あくまで大きさを決定づけるのは乳腺です。

 

乳腺が発達することで、その乳腺を守るように

周りの皮下脂肪が肥大していくのですね。

これがバスト脂肪が大きくなるメカニズムなんです。

 

だから、乳房の中にある乳腺の数を多くし

発達させることがバストアップへの近道なのです。

 

 

逆に言えば、乳腺の発達なくして

バスト脂肪が大きくなることはありえません(>_<)

 

単に脂肪を沢山つけたからといって思い描いていたような

バストアップが実現するなんてことはないのです。

 

 

ただ、体重を増やしただけではウエストや

下半身にたっぷりと脂肪がついて、

肝心のバストにだけ脂肪がつかない、という

悲しいことになってしまうのですね(>_<)

 

足はほっそり、ウエストがくびれて、

バストが豊かなメリハリボディこそが

理想的なスタイルですよね(*´ω`)。

 

さて、それでは肝心の乳腺を発達させるには

何が必要なのでしょうか。

 

 

 

乳腺発達のために必要なこと

 

nyuuseni3

 

乳腺を発達させるためには

女性ホルモンの分泌が重要課題です!

 

そして、血流を良くする体作りを意識した

食生活が大切なんですね。

 

 

そう考えると、肉中心の食事を

野菜や魚中心の食事へシフトしていくことや、

マッサージやストレッチを行うことなどが効果的です。

 

 

特に食事では女性ホルモンを活性化させる効果がある

大豆イソフラボンの摂取を心がけましょう。

 

主に豆腐やおから、きな粉、豆乳などの

大豆製品に多く含まれている成分です。

 

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれるので

バストアップの一助となる成分ですよ♪

 

 

そういった大豆製品を中心とした食事を意識しながら

バストケアを継続していけば、かなり短期間で

乳腺を発達させてバストアップしていくことが可能なんです。

 

ジェルやクリームなどを活用して、

バストアップマッサージや筋肉トレーニングを

行うのもお勧めです。

 

マッサージとストレッチでバストアップしていくためには

以下のバストアップ法が必要不可欠ですよ(*'ω'*)

ユイや多くの読者さんも実践中です!

⇒みんなで取り組んでいるヒラクアップを検証してます

 

女性ホルモンの分泌が活発になり

更に高いバストアップ効果を期待できますよ(*´ω`)

中学生、高校生向けのバストアップ法

目安時間 約 6分

 

12歳~17歳くらいの女の子は

まだまだ成長期!

 

purakuto3

 

これからバストアップできます(*'ω'*)

 

と、言いたいところなんですが、

既にバストが小さいと深く悩んでいる人も

少なくありません。

 

 

ユイも、15歳くらいの頃は本当に貧乳が嫌で、

しかもすごい痩せていて、ガリガリだったから

本当に貧相でした…。

 

だから思春期なのにバストが育たないと

心配になっている方のお気持ちは痛いほど

よくわかります(>_<)

 

 

そこで、ユイの経験も踏まえて、

10代の女の子がバストアップするためには、

どのような事に気をつければ良いか?

 

いろいろ話していきたいと思います。

 

 

 

サプリは女性ホルモンをメチャメチャにする!?

 

バストを大きくさせるためには、

乳腺組織を発達させる事が不可欠です。

 

 

特に、成長期である中高生の女の子は、

バストアップを始めるのに適した時期なのです。

 

ユイの元には大学生の読者さんも

忙しい中、育乳に取り組んでいて

大きくバストアップしていますよ(*'ω'*)

 

なので中高生であれば、大いにチャンスがあります!

 

purakuto4

 

 

ですが、絶対にやってはいけない方法が

サプリメントなどを用いたバストアップ法です。

 

成長期である10代の女の子には

絶対にオススメできません。

 

なぜなら、サプリを服用することで

女性ホルモンの過剰分泌が起こる危険性があるからです。

 

ただでさえ、思春期の頃は

女性ホルモンが活発に分泌されます。

 

 

それなのに、さらにプエラリアのような

女性ホルモンを増やすサプリメントを飲んでいると、

 

脳が勘違いして、

「ホルモンが多すぎだよ!」

「私のからだ~!もうホルモン作らないで~!」

と体内で女性ホルモンが作られなくなるのです。

 

 

こういった脳が間違った信号を送ってしまい、

自分でホルモンを作り出すことが

できない体になってしまう危険性があるのです。

 

女性ホルモンが作れないということは、

乳腺も発達しませんし、女性らしい体にもなれません(>_<)

 

 

これは本当に恐ろしいことなので、

安易にサプリに手を出すのは辞めてくださいね。

 

そんなサプリメントなんて怖いモノを使わなくても

健康的にバストアップする方法がありますから、

それを実行しましょう☆

 

 

 

10代バストアップの鍵は「乳腺」と「受容体」!

 

10代のバストアップ法は、食事と睡眠時間がカギです。

 

この2点に気をつけて生活していく事で

乳腺組織が育ち、バストアップするのです。

 

というのも、乳腺の中にはラクトゲン受容体という

細胞組織があります。

 

purakuto5

 

このラクトゲン受容体は成長ホルモンに作用して、

乳腺の発達を助けてくれるのです。

 

 

そして、ラクトゲン受容体とは、

ほとんどの場合、思春期の間に形成されます。

 

ラクトゲン受容体はホルモンに影響するので、

ホルモン分泌が悪いと、受容体の形成が遅れたり、

最悪の場合、受容体自体が作られない可能性も。

 

受容体がないと、バストアップには不利になるので

10代女子は、ぜひとも食事で栄養をたっぷり摂って、

そしてたっぷり寝てください。

 

 

普段から規則正しい生活を続けることで、

ホルモンバランスが整って

受容体の恩恵を受けられますからね♪

 

 

食生活はバランスの良い食事を

1日3食しっかり食べる事が基本です。

 

ファーストフードやインスタント物、

油もの、糖分などはなるべく控えるのがいいでしょう。

 

ただし、たんぱく質である肉や魚は

しっかり取る事を心がけます。

 

たんぱく質は血となり肉となり、

バストアップの手助けをしてくれます☆

 

 

また、バストアップに良い食材である

納豆や豆腐、豆乳などイソフラボン系食品を

日々の食事に取り入れてくださいね。

 

睡眠不足は、乳腺組織の成長を妨げますから、

十分な睡眠時間を心がけ、さらに夜10時から

翌2時までの時間帯に眠っているようにしましょう。

 

この時間帯はゴールデンタイムと呼ばれ、

成長ホルモンが分泌されるので

バストアップに最適なのです☆

 

 

また、効率的にバストアップする為に

大胸筋を鍛えるエクササイズや、

バストマッサージなどが効果的です。

 

お風呂に入っている時にマッサージを行ったり、

空いた時間にエクササイズをすると良いでしょう。

 

ユイや読者さんも揃って取り組んでいるケアが

大澤美樹さんのヒラクアップです(*´ω`)

⇒ヒラクアップ!ユイの体験談へ☆

乳腺を発達させるには乳腺マッサージが効果的?

目安時間 約 5分

日々バストアップに励んでいる読者様☆

こんにちは、ユイです♪

 

今日はバストアップのためのポイント

「乳腺の活性化」について書こうと思うのですが、

バストアップのためには乳腺マッサージが大切!

とは、あちこちで言われてますよね。

 

hatatsu439

 

他にもバランスの摂れた栄養素の補給が必要とか。

 

でも、そもそもバスト自体が

バストアップしにくい状態だったとしたら…

とても効率が悪いですよね(>_<)

 

まずはバストアップしやすい環境を作るために

乳腺のこと、バストのこと、知っていきましょう。

 

そもそもバストって、

何でできているか知っています?

 

はい!約90%が乳腺脂肪という皮下脂肪で、

残りの10%は乳腺で作られています。

 

soue2

 

90%が乳腺脂肪なら、

脂肪がバストを作っていると思いませんか?

 

確かにバストの9割は乳腺脂肪と言う名の脂肪です。

 

割合的には脂肪量のほうが多いですが、

バストの大きさを決めるのは残10%の乳腺なのです!

 

つまりバストを大きくするには、

乳腺の量と大きさが関係してきます。

 

太っている人はバストが豊かな人が多いですが、

これはほとんどが脂肪です。

 

痩せると小さくなってしまうため、

理想のバストではないですねー(>_<)

逆に痩せている人でもバストが豊かな人っていますよね?

 

全てに当てはまるわけではありませんが、

そういった人たちは乳腺の量が多かったり大きかったりします(^^)

 

乳腺の活性化とバストアップの関係

 

乳腺は約20個前後の

「乳腺葉」というのもで形成されています。

 

乳腺が活性化すると乳腺自体が発達し、

乳腺脂肪が周りに集まってきます。

 

そのため乳腺の活性化はバストアップに

大きく関係するのです(#^.^#)

 

「じゃあ、乳腺はどうすれば活性化するの?」

 

乳腺の活性化を促すのはズバリ女性ホルモンの分泌です。

 

もっと言うと、プロゲステロンという種類のホルモンを

分泌させることで、乳腺が発達してバストアップを促します。

 

プロゲステロンは、

・充分な睡眠

・栄養バランスの摂れた食事

・プエラリアやミリフィカ、ボロンといった栄養素

・規則正しい生活

上記のような事柄で分泌が促されます♪

 

特に睡眠時間と睡眠の質は女性ホルモンだけでなく

成長ホルモンも多く分泌されます♪

 

2つともバストアップには欠かせないホルモン。

それから規則正しい食事と生活は一番の効果が得られますね。

 

そして、乳腺を活性化させるために大切なケアが

マッサージとリンパケアです!

 

マッサージは冒頭で話題に出した

乳腺マッサージですね♪

 

これはユイもずっと続けていますよ(^^)

 

乳腺マッサージでしたら戸瀬恭子さんの

DVDがわかりやすくておすすめです。

 

he3

 

バストあっぷるんDVDには

バストアップケアに必要なことが

ほとんど網羅されていますからね。

 

これはもう普段、ユイのブログで

お勉強してくれている方にとっては常識ですよね(*^^*)

 

「もしどんなバストケアしていいのかわからない!」

 

って方は、他にもお勧めのバストアップ教材も紹介してるので

そちらを真似して実践することから始めると良いと思いますよ☆

中学生・高校生のためのバストアップ方法

目安時間 約 4分

10代は悩みがつきないお年頃。

特に女子特有の貧乳で悩んでいる乙女も
多いのではないでしょうか(°Д°)?

 

chuukou878

 

遺伝だから…

もうすぐ20歳なのに…

身長止まったから胸も成長しないんじゃないか…

なんて思う必要は全くないですよ~!

 

なにせユイ自身、20歳を過ぎてから
胸が成長したタイプですから(*^^*)

ユイが高校生の時は、このまま貧乳だったらマズイ!と焦って、
友人と一緒に豆乳を飲んだりバストアップに良いとされる
食品を研究したりしてましたね~。

 

一般的に女性の胸は12歳のころから
成長していくといわれていますが、

思春期の時に育つ人もいれば、成人してから
ようやく育っていく人もいるんです。

 

胸の9割は脂肪で構成されていて、
残りの1割を乳腺が構成しています。

乳腺というのは乳首の周りにある、
触るとグリグリしている部分のこと☆
(乳首から放射線状に広がっています)

 

この乳腺が大きければ大きいほど、
その乳腺にあわせて脂肪がつくので、
乳腺を発達させる事で、胸も大きくなるという訳です。

 

seijin311

 

胸の成長には女性ホルモンといわれている
エストロゲンの分泌促進”が絶対に必要です!

これがたくさん分泌されれば乳腺が大きくなり
結果バストアップすることができるのです。

 

エストロゲンの分泌を促進するには
栄養バランスの取れた食事と適度な運動、
規則正しい生活をすることが大切です。

そしてこのエストロゲンをうまく体内に巡らせる為には
マッサージをして乳腺を刺激し、血行を良くする事が肝心ですね。

 

また、食事はタンパク質が特に効果あるので、
タンパク質が含まれている肉、チーズ、豆腐、
卵などを積極的に摂るといいですよ♪

さらに野菜などから摂取できるビタミンB1、B2は
張りのある胸を作ることで有名です(*^^*)

 

kiki88

 

せっかくバストアップしても垂れ乳では
魅力が半減してしまいますから、

年齢を重ねても美しいバストラインをキープできるように
野菜や果物などバランス良く摂る他、運動も適度に行いましょう!!

 

でも、食事のことばかり書くと、、、
胸は大きくしたいけど、太りたくはない!

こんな声が聞こえてこそうですが、
成長期の段階で無茶なダイエットはリスク大です!

無理なダイエットは胸に栄養がいかなくなってしまい、
せっかくの胸の成長の時を台無しにしてしまうので要注意。

 

そしてもう一つ、
これが一番重要かもしれません。。

それは、ストレスを溜めない事!

10~20歳までは、特に悩みの多い年頃ですが、
女性ホルモンの量は脳下垂体にある視床下部で調節されるので、

ストレスを感じていると、この部分が影響を受け、
胸の成長を妨げてしまうのです。

だからできるだけストレスをためないように
前向きに楽しく生活するよう心がけましょうね(^^)

 

10代で胸が小さくて、ユイに相談してくる
中学、高校生の女子はたくさんいます!

でも、今からしっかりとケアすれば、
きっと大人になったときに美しいバストが手に入りますよ(^^)

その効果が現れるのは、1ヶ月後か半年後かは個人差がありますが、
決して無駄にはなりません!

今すぐに行動できることばかりなので、
自らの美意識を高く持って生活していきましょうね~☆

乳腺を成長させるカギ!バストの栄養チェックをしよう

目安時間 約 4分

乳腺を成長させてバストアップするには
まず食事でしっかりと栄養を取ることが肝心ですよね(^^ゞ

特にバストの成長が最も盛んな10代~20代の女性は、
自分がしっかりとバストアップに必要な食事ができているのか、
今一度、見直してみましょう!

 

eiyou3838

 

バストアップに必要な栄養素

 

バストアップに必要な栄養素は主に8つあります。

1つずつ解説していくので、
知らない部分を重点的に覚えていってくださいね☆

 

タンパク質・・・バストに直接栄養を与えてくれて、
筋肉と血液をつくります。また、女性ホルモンを促進します。

 

tan0

 

タンパク質を含む食品をとるときは、
量よりも“質”と“バランス”に気をつけましょう。

質の良い自然な食品を選ぶことと、
植物性タンパク質と、動物性タンパク質の両方をバランス良く摂取することが肝心です。

動物性タンパク質を含む食品の代表例は
肉、魚、卵、チーズ、ヨーグルト、牛乳などです。

植物性タンパク質を含む食品の代表例は
豆乳、豆腐、納豆、枝豆などの豆製品で、豆乳に多く含まれている
大豆イソフラボンも女性ホルモン活性化に効果的といわれていますね。

 

アミノ酸・・・アミノ酸はタンパク質の元になるもので、
タンパク質を含む食品をとることで摂取することができます。

アミノ酸にはタンパク質同様女性ホルモンの分泌を促進し、
乳腺の発達を促進する働きがあります。バストにハリと潤いを与えます。

Breast cancer, woman touching her breasts, isolated on white background

 

また、細胞の新陳代謝を促し、血液の循環をよくするので、
美肌や皮膚、髪、爪の回復・成長にも効果的です。

 

ミネラル・・・筋肉の働きを補助し、骨や細胞、
ホルモンなど体の機能の調子を整える働きがあります。

ミネラルとはカルシウムやマグネシウム、それにナトリウム、
カリウム、鉄、銅、更にマンガンや亜鉛などの栄養素です。

 

ビタミンA・・・バストにハリや潤いを与えてくれ、
皮膚や粘膜、髪の毛を美しく保つ働きがあります。

bitaa0

 

ビタミンB6・・・エストロゲン(女性ホルモン)の代謝を補助する働きがあります。

 

ビタミンB1、B2・・・糖質・脂質がエネルギーに変わるときに
とても大切な栄養素です。

代謝をサポートしてくれて、バストアップに役立ちます。

 

ビタミンC・・・バストや肌のハリを保ち、シワやしみを防ぐ働きがあります。
また、女性ホルモンの分泌を阻害するストレスを和らげてくれる栄養素です。

 

ビタミンE・・・若返り効果のあるビタミンで、
老化の原因となる酸化を防ぐ作用があります。

また、血行促進で美肌効果が期待できます。
ビタミン類は野菜や果物、魚、乳製品、大豆製品に多く含まれています。

bitab0

 

以上、8つの栄養素について解説しましたが、いかがでしたか?
これらは、全てをバランス良く摂取することが何よりも大切です。

豆乳を飲むとバストアップする!とよく言われていますが、
豆乳ばかり飲んでもバストアップはできません。

 

また、ファーストフード・コンビニのものばかりを
食べている人も要注意ですよ~。

普段の食事、栄養バランスに気をつけながら
理想のバストを目指しましょうね(^^)

このブログを書いてる人

ブログ管理人:ゆい


バストアップに関心を持つ女性が増えてきて、それと同時に様々なバストアップ方法が登場しています。そこで最短で胸を大きくするためにはどうしたら良いの?いろいろありすぎてどれが効果的なのかわかんない!と疑問の声も。ユイのブログでは、バストアップするために知っておかなければいけない知識やノウハウを伝授します。
ananに掲載されました

anan


ananの美乳特集ページ(10月24日発売)にてユイのブログが掲載されました。
最近の投稿
当ブログ推薦バストアップ教材


みんながヒラクアップを買う前に知りたい情報をまとめました。
カテゴリー